コラム

飲み物の容器について

自動販売機で販売される飲み物の容器には、缶、瓶、ペットボトルが存在していますが、その容器について着目したことはありますか?今回は、それぞれの容器の特徴についてご紹介します。缶は自動販売機において最もよく見られる容器で、アルミ缶とスチール缶が存在しています。スチール缶は熱に強いので、ホットコーヒーのような温かい飲み物の容器として重宝される存在です。缶の飲み物はタブを動かしてそのまま飲むことが一般的ですが、蓋が付いて何度も開け閉めができるものもあります。一方瓶は炭酸飲料などが入っていることが多くなっていますが、なぜ瓶なのか気になる人もいるのではないでしょうか。瓶は遮光性が高くなっているので、光によって分解されるような成分を使っていても安心なのです。しかし落下には弱く割れてしまうので、取り扱いには注意しましょう。自動販売機において、ペットボトルは近年増えている容器です。500ミリリットルほどと他の容器より多く飲み物が入りますし、蓋があるので持ち運びもしやすくなっています。またお家まで持ち帰ることで、創意工夫を凝らした収納グッズなどにもなることがペットボトルの特色といえるでしょう。自動販売機を設置する際は、これらの容器にも注目してみましょう。

0800-805-7606

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7606

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7606

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。