コラム

自動販売機の誕生

自動販売機は、アレキサンドリアの科学者ヘロンが著した期待装置という物に、効果を入れると聖水が出来てくという装置について、記述があります。
これは、紀元前215年にエジプトの寺院に置かれ、硬貨を入れるとその重さで栓が開き聖水の水が出てくるという物でした。
これが、自動販売機の最初だと言われています。
ですが、この頃の自動販売機と、今の自動販売機は目的が大きく異なっているようです。
今の自動販売機は、多くのものを販売する前に、労働力を機会化して少ない労力で販売を行うという目的ですが、ヘロンの自動販売機は、単なる水を新婦生のある 水に見せようとする為に、ブラックボックス化する為の演出が目的だったという考えが大きいようです。

日本での自動度は明治時代の発明家である、俵谷高七が考案したタバコを売る自動販売機が一台目だと言われています。

この自動販売機は、明治二十三年に特許を受けた為、実用には至ることがなかったそうです。

俵谷は明治三十七年に、郵便切手と郵便葉書を販売する自動郵便切手葉書売下機を完成させました。

切手の販売と葉書の販売、そしてポストと3つの役割をもつ自動販売だったようです。

一般的な自動販売機が誕生したのは、大正十三年に山中小一郎が制作した、袋入り菓子を販売する自動販売機が最初だそうです。

その後日本の自動販売機は、お菓子、たばこ、切手等、販売内容を広げていき目的や構造を発展させていきました。

本格的な普及は、戦後になり、昭和三十二年には十円を入れると紙コップに一定量のジューズが出てくる飲料自動販売機が開発されたようです。

その頃から、噴水型ジューズ自動販売機など、ユーモアな自動販売機が誕生し自動販売機ブームを出現させることになったようです。

0800-805-7606

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7606

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-7606

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。